RAINBOW COLORS

モータースポーツ&自動車イベントの企画運営「レインボーカラーズ株式会社」

ドライビングレッスン

クルマを速く安全に走らせるために…。

クルマをスポーティに走行することはまさにスポーツであるという認識の下に、サーキット走行を楽しむ人たちにドライビングの楽しさ、上達を味わっていただく場の提供と、ドライビングテクニックの安全で効率のよい向上を目指すレッスンを行っていきます。
これからサーキットを走ってみたいけれど、何からどうやって始めたらいいのかわからない…また、ストリートでは飛ばしたくない、あくまで合法的にサーキットでスピードに挑戦したいが、きちんと運転技術を教えてくれる場はないのか?というより多くの方に解決策をお教えし、モータースポーツに触れていただくための活動です。もちろん全くの初心者から歓迎致しますし、本格的にレース活動をしたい方にもそのステップを支援できます。

ドライビングレッスンの意義

 クルマという道具を手にして、皆さんは何を感じ考えましたか?これを読んでおられる方は、きっと”速く走りたい”、”カッコよく走りたい”と思っておられることでしょう。一昔前なら峠(ワインディング)に行き、先輩や知り合い、友達から走りのルール、マナー、テクニックなどを教えてもらったり盗んだりしてきたかもしれません。しかし時代は変わっています。しかし今では峠を走ることは反社会的行為とみなされるようになってきました。
 今はサーキットで限界域での走行をする時代です。そこには、ハイレベルのドライバーから全くの初心者まで様々なレベルのドライバーが集まっていますが、知り合いなどと一緒に行かなければそこでのルールや暗黙の了解、テクニックなどを得ることは難しいのも確かです。レースをやるために国際レーシングコースで、チームや先輩ドライバーから教えてもらいながら走行するのならともかく、自分のナンバー付で走行する場合は、教えてくれる存在はあまり現場にいないのが現状です。
 そこでレインボーカラーズでは、”ヒール&トゥってなに?”というレベルの方から、全くサーキット走行の経験がない方や、経験はあるものの独学や我流でやってきて、正しいドライビングかどうかわからない、という方を中心に、座学(講習)と実技(走行)の両面で、知識と経験を積んでいただくためのスクールを開講しています。
 大切なクルマをぶつけて壊さないように、また限られた予算内で効率のよい練習ができるようにするにはどうすればいいのか。こうしたことを含め、総合的にイチからスポーツ走行を練習していきましょう。
 サーキット走行をスポーツとして捉え、段階を踏んで練習していきましょう。そこで得た知識や経験(テクニック)は、一般道路での事故率低減といった安全面にも役立ちます。本格的なレース参加を希望される方はそのステップを支援できます。またそうでない方も是非スクールを受講され、今後の皆さんのモーターライフ/カーライフにお役立て下さい。
 皆様とサーキットでお会いできることを楽しみにしております。
レインボーカラーズ(株) 代表取締役 山本和正

スクールで目指す走りの方向性